カビ対策に炭八!

研究室 2020/05/19

皆さんこんにちは!
出雲カーボン松岡です。
5月も中旬となり、もうすぐジメジメの梅雨がやってきますね!

梅雨時期に嫌なのがカビですよね。押入の中やクローゼットなど、気が付いたらカビだらけなんてことも良くあります。
カビは種類が多いですが、家の中に生えやすい代表的なカビは5種類くらいです。

①クロカビ(クラドスポリウム)
②アオカビ(ペニシリウム)
③コウジカビ(アスペルギルス)
④ススカビ(アルテルナリア)
⑤トリコスポロン

写真:クロカビ(クラドスポリウム)

カビが生える3つの要素は温度、養分(エサ)、水分であり、家の中で現実的にコントロールできるのは水分=湿度であり、相対湿度60%以下に保つことが理想であると言われています。
家の中では空気がよどみやすく、湿気がこもる冷蔵庫の裏側やタンスや机の裏側、シンク下などのホコリがエサとなり、カビが生えやすくなります。

炭八は空気中の余分な水分を素早く吸い込み、空気中の相対湿度を下げる働きをしてくれます。
気になる場所へ袋のまま置いておくだけですので、家の中のカビ対策に是非炭八をご利用ください。