炭八の袋について

研究室 2019/07/02

こんにちは。

石橋です。

出雲地方でもようやく梅雨入りしました。

昨年と比べて20日ほど遅い梅雨入りとなりました。

 

さて、炭八が入っている袋について様々なお問い合わせをいただきます。

袋の素材は何か、袋から出して使ってもよいか、カバーなどに入れてもよいかなどなど・・・。

 

 

炭八の入っている袋はペットボトルの原料でもあるポリプロピレンと呼ばれる樹脂から出来た化学繊維で、不織布と呼ばれるものです。湿気やニオイを通しやすい反面、粉漏れしにくい機能を持っており、水や破れに強いのも特長です。

しかし、万が一粉漏れが発生した場合には、衣類や室内などを汚すことから、炭の袋を二重にしておりますので、そのままの状態で湿気・ニオイ対策ができます。袋から炭を出してしまうと炭の黒い粉がお部屋を汚してしまいますので袋のままでご使用ください。

また、見た目がきれいなほうが良い方は、布製のカバーなど通気性があるものをご使用ください。炭八の機能を失うことなくご使用いただけます。

もうしばらく梅雨も続くと思いますがジメジメの湿気対策はぜひ、炭八をご利用ください!