炭八すのこベッド モニター募集

研究室 2019/06/10

こんにちは

淺沼です。

 

現在、すのこの中に炭八を組み込んだ「炭八すのこベッド」を製作中です。この「炭八すのこベッド」実は2014年より開発、研究を行っておりまして、現在までで様々な効果がある事がわかっています。

 

◆すのこの裏面(ぎっしり炭八が入っています)

 

作成のきっかけは、フローリングの床に布団を敷いて寝ておられる方より、「敷布団がカビだらけになる!」と聞いた事でした。

敷布団をフローリングに直接敷くと、どうしても湿気で敷布団がカビだらけになってしまいます。そこで、この問題を解決するために、誰でも簡単に使えて、湿気を取り除く事のできる炭八入りすのこを作成し、研究をする事にしました。

 

研究では、「炭八すのこベッド」を使用した敷布団と使用していない敷布団に温度・湿度を取る事のできるセンサーを設置し、ほぼ毎日寝てもらいました。

また、敷布団のダニの数を1ヶ月に1回採取しました。

 

この研究により、炭八すのこベッドを使用すると、下記のような効果があることがわかりました。

①冬場の背中の温度が4.2℃上昇(冬場暖かい)

②年間を通して、湿度が10%程度低い(除湿効果)

敷布団のダニの数が1/5

 

敷布団のダニの数が少ないということは、アトピー性皮膚炎を誘発する大きな原因の一つが減少することにより、アトピー性皮膚炎への効果が期待できます。

以前、ブログでご紹介させていただきましたが、このたび島根大学医学部皮膚科と出雲土建はアトピー性皮膚炎への効果について、産学共同研究を行う事にしました。

研究に参加していただく無料モニターを現在募集しています。

ご関心のある方は下記までご連絡下さい。

 

島根大学医学部小児科  竹谷 健 教授

電話:0853-20-2220

E-mail:ttaketani@med.shimane-u.ac.jp